50代!シミだらけになる前に基礎化粧品で対策を!

 

  • 50代に入って、シミが明らかに増えた
  • シミがすごく濃くなってきた(涙)

 

そんな、顔のシミでお悩みのあなたへ!
おすすめのシミ対策化粧品をご紹介します!

 

※トライアルキットがある化粧品を中心にランキング形式にて解説いたしました♪
※複数トライアルで試してみて、お気に入りの化粧品を使い続けることをお勧めいたします。

 

また、トライアルに加えて、返金保証付きのシミ対策化粧品もランキング内に加えました。

 

シミ対策用の化粧品ランキング

 

ホワイトニングリフトケアジェル ・シミウス

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

  • 返金保証:30日保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:3,795円

 

 

シミウスはシミ対策や美白向けのオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”マッサージ用”で、他社の商品にはない強みです。

 

 

デメリットは?

 

多忙でマッサージなんて無理!
という人には向かないです(汗)

 

 

【シミウス 公式サイト】
→https://www.mebiusseiyaku.co.jp

 

 

ディセンシア サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト

 

サエルインナードライ訴求バナー

 

  • 返金保証:30日間保証付
  • 内容:
    • 薬用美白化粧水:14ml
    • 薬用媚薬美容液:8ml
    • 薬用媚薬クリーム:9g
    • エッセンスインCCクリーム

  • トライアルキット:1,480円

 

サエルは刺激が少ない!敏感肌のあなたにピッタリです。

 

返金保証付き&トライアルキットなので、これほど安心できるシミ対策用の化粧品は他にはないかも?

 

デメリットは?

 

少しさらさらなため、手からこぼれやすい
※個人差があるため、なんとも(汗)

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

【ディセンシア 公式サイト】
→https://www.decencia.co.jp

 

 

シズカゲル

 

シズカゲル

 

  • 返金保証:30日間
  • 内容:60g1か月分
  • 通常購入:4980円

    ※定期購入:2980円

 

 

シズカゲルはシミい以外にも、シワ・毛穴・乾燥・肌荒れなど多角にケアするオールインワン化粧品です。
発売されてまだ日が浅いですが、雑誌やSNS(※インスタ)を中心に、話題沸騰中です。

 

デメリットは?

 

トライアルキットがない点です

 

 

【公式サイト シズカゲル】
→http://by-shizuka.jp

 

ビーグレン ホワイトクリーム

 

美白ケア(trial)

 

  • 返金保証:365日間保証付
  • 内容:
    • クレイウォッシュ(15g)
    • QuSomeローション(20mL)
    • Cセラム(5mL)
    • QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)
    • QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

  • トライアルキット:1,800円

 

「ビークレンってアメリカ発の化粧品でしょ?日本人が使っても大丈夫?」

 

という疑問が多いですが、日本人用に作られています。

 

最大の特徴は”ハイドロキノン配合”でリピート率98.5%!

 

また365日返金保証!他社ではありえない期間の保証です。

 

それほど、シミ対策に自信があるメーカーといえます。

 

 

デメリットは?

 

価格がややお高め。

 

またハイドロスキン配合の化粧品は妊婦や授乳中のママさんは担当医に相談しましょう。

 

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

【公式】→http://www2.bglen.net/

 

 

 

アンプルール ラグジュアリーホワイト

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容:
    • スポット集中化粧液
    • 化粧水
    • 美容美白美容液
    • 美容乳液ゲル
    • メイク落とし・洗顔料

  • トライアルキット:1890円

 

アンプルールと言えば、有名雑誌に対数掲載されているメーカーです。

 

ハイドロキノンラグジュアリーホワイトシリーズの中で最高濃度で配合されているため、美白スキンケアに期待できます。

 

 

デメリットは?

 

成分の中に、エタノール表記があります。

 

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

 

 

 

アスタリフト ホワイトクリーム

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:
    • 美白化粧水:18ml
    • 美白美容液:5ml
    • 美白クリーム:5g

  • トライアルキット:1000円

 

富士フィルム独自の「ナノAMA」はちゃんと届く、働くように設計された化粧品です。
これ以上シミを増やしたくない・・というあなたにピッタリの商品です。

 

 

デメリットは?

 

トライアルセットだけでは、シミ対策は微妙です(汗)

 

 

 

 

プレミアムモイスチャー

 

 

 

  • 返金保証:30日保証あり
  • 内容量:120g※約40日分
  • 定期購入:3,416円

 

濃いシミを何とかしたい!透明感が欲しい・・・

 

天真堂のエニシングホワイトは1個で7役!
のオールリンワンジェルです。

 

※化粧水・乳液・クリーム・化粧下地・美容液・パック・マッサージクリーム

 

120g!とシミ対策オールインワンの中でもコスパが良く、また医薬部外品&返金保証があるためおすすめです。

 

デメリットは?

 

少しべたつく、といった口コミが多いです。
※個人差があります

 

 

 

美容Q&A

 

美容が気になるOLさん

 

 

顔にシミができる原因を解説

 

加齢と共に顔にシミができて、なかなか改善されずに悩む方は多くいます。そんなシミの原因はメラニン色素の沈着です。肌内部にはメラノサイトというものが存在しており、メラノサイトは刺激に反応すると防御反応としてメラニン色素を生成します。そんな刺激として挙げられるのが紫外線や乾燥、摩擦などです。特に肌のターンオーバーが低下してしまうと、肌のバリア機能が低下するため、様々な刺激を受けやすくなります。そして、肌が健全ならこのメラニン色素は古い角質と共に体外に排出されます。そのため、シミとして残らないのですが、加齢などにより肌のターンオーバーが低下すると色素が体外に排出されにくくなります。そのため加齢と共に肌のバリア機能が低下すると、角質に色素が沈着してしまい、シミになってしまうのです。
このように顔にシミが増えてしまう原因は肌のバリア機能の低下によるメラニン色素の生成と、ターンオーバーの低下です。そのため、予防・改善するためにはUVケアや保湿ケアをしっかりして外部刺激から肌を守ると共に、肌に有効成分を浸透させてターンオーバーを促すことが必要です。ターンオーバーを促進することができれば、できてしまったシミも改善することができます。

 

シミの予防対策におすすめの食べ物とは?

 

年齢が高くなるにつれて、シミが出るのはある程度は仕方ないとあきらめている人が結構多いのですが、それなりの対策をすることによって予防できるので、あきらめてしまわないことです。
まず大切なのは、紫外線対策になるので、日焼けなどをしないようにしっかりスキンケアをすることが前提となりますが、その上で食べ物にも気を付けるということになります。
食べ物に関するシミの予防対策としてはおすすめは、ビタミンCが良く効くので、これを含むものをいただくことになります。
抗酸化作用もあるポリフェノールや食物繊維も多く、ビタミンCも含んでいるカボチャ、そしてブロッコリー、トマト、ニンジン、グレープフルーツなどです、グレープフルーツだけは紫外線を吸収しやすくなると言われているので、朝は避けるのが賢明です。
そして、新陳代謝を良くすること大事なので、ショウガやトウガラシ。
さらには整腸作用があるゴボウ、キノコや食物繊維が多いもの。
注意したいことは、食べ過ぎないことになります。シミ対策に良いからとたくさん食べると胃腸の不調を招くことになりかねません。そうなると肌へ悪い影響となります。また、偏らないでバランスよく様々な食材をよく噛んで食べるのが効果的ということになります。

 

 

 

コスメの基礎!Q&A

 

化粧水を塗る女性

 

美容液の役割とは?なぜ使う必要があるの?

 

日頃のスキンケアで美容液はよく使用しますが、なぜ使うのかというと、スキンケアする上でプラスアルファの栄養補給の役割があるからです。
化粧水は水分を補給する役割があり、乳液やクリームは油分で肌に蓋をして、水分の蒸発を防ぐ働きがあります。
そして最後に美容液を整った肌に加えると、保湿や美白、アンチエイジングに効果を発揮してくれます。
美容液は必ず使うべきものとは言えませんが、使うことでワンランク上の美肌を手に入れる効果が期待できます。
保湿成分や美白成分などの美容成分がたっぷり濃縮配合されているので、肌への効果をいち早く実感することができます。

 

美容液はなぜ使う必要があるのかと言うと、シミやシワ、乾燥を防いで肌を白くしてくれるからです。
目的ごとに正しく使えば、効果を発揮してくれるアイテムで、普段のスキンケアにプラスすると、肌を美しく輝かせることができます。
美容液に含まれている保湿や潤い成分には、皮脂の過剰な分泌を抑える役割もあるので、理想的な肌のコンディションに整える効果も期待できます。
このように美容液は、肌の改善と共に、美肌作りへの近道になるアイテムなので、使用する価値があります。
年齢の推奨は特にないので、必要と感じた時が、美容液の使い時と言えるでしょう。

 

ハイドロキノンのメリット・デメリットとは?

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれることもある成分で、シミやそばかすの治療に使われます。
ハイドロキノンのメリットは、メラニンが作られるのに関与するチロシナーゼという酵素を抑える効果と、メラノサイト自体の働きを弱める効果の2つが期待出来ることにあります。このことにより、シミが出来るのを予防する強い働きが期待出来ます。また、ハイドロキノンには還元作用があるので、酸化を還元して、すでに出来てしまっているシミなどを薄くする効果が期待出来る点もメリットになります。
一方、ハイドロキノンのデメリットとしては、強い成分であるため、人によっては塗るとかぶれやかゆみといった肌トラブルが起こってしまう場合があることが挙げられます。ハイドロキノンを塗ることでかぶれや刺激が起こる可能性は、濃度の高さによっても変わってくるので、医師に相談しながら自分に合った濃度のハイドロキノンを使ってシミの改善を目指すのがおすすめです。
その他に、この成分のデメリットには、肌の深い部分(真皮)にあるシミや色素沈着には効果が期待出来ないという点があります。しかし、美容クリニックや皮膚科の中には、他の薬剤と併用することで肌の表面へメラニンを移動させ、ハイドロキノンで漂白するという治療法を行っている所も見つかります。"